オススメ記事

最近、面白いブログを見つけてハマっていますので、ご紹介しますね。

はてなの人気ブログ「ポジ熊の人生記」です。カテゴリーとしては雑記ブログ
になると思います。

サイトURL : http://www.pojihiguma.com/

このポジ熊さんのブログの魅力をひと言で表現すると、

ボリューム満点、感情こってり

そんな濃厚ブログなのです。そう!ポジ熊さんは、

ブログ界のラーメーン二郎!

このように例えるのが相応しいと思います。

感情マシマシ、更新頻度マシマシ、記事数チョモランマ

ラーメン二郎をよく知らない方へ

参考:ラーメン二郎は怖くない!

ラーメン二郎に初めて友人に連れて行かれ、あのドンブリにドカッと盛られ
た山盛りの景色は、間違いなくラーメンでありながら、今まで見たどのラー
メンとも異質な存在でした。

チャーシューの大きさ、野菜のはみ出し加減、味の濃厚さ

あの日、一杯のドンブリに感じ取った“狂気”を、はてなの1ブログにふと既
視感(デジャブ)を覚えました。

自分も初めて、このブログに辿りついた時に、この濃厚具合にすっかりハマ
って2、3日で100以上の記事を読んだと思います。

ただ、100記事読んだところで、全体からすればごく僅かの分量です。

なぜなら、ポジ熊さんは、サイト開設5ヶ月で1000記事の達成などの度
肝を抜く圧倒的な更新頻度で、相当の記事数があるからです。

それでいて、1つの記事に2,000〜3,000文字は当たり前にぶっ込んでいます
し、ブログ全体の文字数がいくつあるのか想像すらつきません・・・

その作業量を考えた時、“更新の魔神”が降臨したと思いました。

この書くことに対する想像を絶する執着心が、このブログの強烈な個性の1つ
となっています。

また、もう一つの特徴が、とにかくアツいことです。

前回紹介のぶんたさんが、うまく部分的に感情を入れ込んでくるのに対して、
ポジ熊さんは、文章全体がアツイのです。松岡修造さんの世界観に近いと思い
ます。(そう言えば、記事にも松岡修造さんのYouTube動画が埋め込まれてい
るものがありました。)

長文記事が大好き、感情ぶっ込んだエモい記事が大好物

そんな強靭な“胃袋”を持った読者にとって、「ポジ熊の人生記」はハマること
は間違いありません。

ちょっと前に「文章は長ければ言いわけじゃない」みたいなことを書いといて
アレなんですが、ポジ熊さんの記事は長くても飽きさせず、一気に読ませる筆力
があります。

ポジ熊さんは、書く素材の切り取り方が細かいのだと思います。

普通のブロガーが、3行でサラッと書くところを800文字くらいで表現して、
400文字で書くところを2000文字くらい表現されます。

表現や切り口の引き出しの多いブロガーさんです。ブロガーとして非常に参考に
なります。

そして、内容的には、雑記ブログとしてカテゴライズされると思いますが、ご
自身で次のような専門性も意識されているようです。

僕は、これから雑記ブログを始める人のためのローモデルになる!!

ポジ熊さんは、ブログの中でこう宣言されている通り、後発の雑記ブロガーの
ために、ブログ運営のノウハウを積極的に公開してくれています。

また、「無料ブログ相談」をされているようで、2016年10月から300
人もの初心者にアドバイスを送ったそうです。
(2018年2月末で無料ブログ相談は終了されたとのことです。)

本当にブログ愛が強い情熱家ですね。普通はそんなこと思いついても実行でき
ないと思います。

「ポジ熊の人生記」は、そういった情熱を持った、非常にこってりしたブログ
ので、好き嫌いがはっきり分かれるかもしれません。

そこは、ラーメン二郎と一緒です。

ただ、ポジ熊さんが好きな人も好きと思わない人も、注目をして欲しい点は、
ポジ熊さんが、決して特別な経歴や特技がなく人気ブロガーになったという
事実
です。(プロフィールを読む限り。)

・彼は決して世界を股にかけるビジネスマンではない

・彼は決して英会話などの特技があるわけでない

・彼は決して“何らかしら”のその道の達人ではない

・彼は決して世間の耳目を集める経歴の持ち主ではない

そう、ポジ熊さんは、ブログを通して、のし上がってきた人なんです。

自分は、平凡な人間だからブログで成功するのは難しい

そんなのは間違いです!!

何かを極めてからでないとブログを始めれないと勘違いしている人は、ぜひ、
「ポジ熊の人生記」を参考にして欲しいです。

違った言い方をすれば、「ポジ熊の人生記」は、圧倒的な記事数で、ポジ熊
さんがポジ熊であることを極めたからこそ人気が出たとも言えます。

平凡な自分を余すところなく表現し極めることで、
それが最大の個性になる

「ポジ熊の人生記」に出会って、以前からそう感じていたことに確信が持て
るようになりました。

年収1億円稼ぐことをウリにしていていれば、年収2億円稼ぐ別の誰かに魅
力が負けてしまいます。

また、100人斬りが看板のナンパ師は、200人斬りのナンパ師に目立た
なくされてしまいます。

でも、“自分らしさ”という個性で勝負している限り、更新さえ続けていれば、
誰にも負けることはありません。

ポジ熊さんのブログを読みながら、色々なことを考えさせられました。

自分もポジ熊さんの遠い背中を追いかけながら、ブログの可能性を追求して
いきたいと思います。

〜「ポジ熊の人生記」の副作用〜

初めてラーメン二郎と格闘したあと、その後の胃もたれとともに、ラーメン
一杯に味わされるあの敗北感。

誰にも経験ありがちな副作用だと思います。

では、「ポジ熊の人生記」の副作用とは?

あそこまで書けない(書かない)と、成功できないのか?

そう考えるのが普通だと思います。実は、私もすごいブログを見つけたという
嬉しい気持ちの他に、完膚なき敗北感を覚えました。

「ブログって1000文字から2000文字は書かないとSEO的に良くないの
かな?」

特にそんなことを考えているブログ初心者には、自分の疑問がどれほど“のどか”
なものだったのか頭をハンマーで叩かれた思いがするはずです。

でも、大丈夫です!

圧倒的な文字数は、ポジ熊さんの個性に過ぎません。

別に文字数が1記事1000文字以下だろうが、自分らしい個性が出し切れれば
それでいいはずです。

それに、長文にアレルギーを感じる読者も多いはずです。

ポジ熊さんはポジ熊さん

自分は自分

自分にない能力を指折り数えるのでなく、自分にすでに備わっている能力や魅力に
目を向けてみてください。

それが、個人がブログを楽しむ重要な意味だと思いますよ。

特に雑記ブログは、書き手自身が楽しんでいないと読者さんを楽しませることは
できないと思います。

そんなことも、「ポジ熊の人生記」のどこかに書いているかもしれません。

今日のわかった!

ポジ熊さんは、ラーメン二郎と違って初心者に優しい

おすすめの記事